読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

githubを使って自分自身のrepositoryにpull requestを投げてmergeするまで

就職したらgitめっちゃ必要だよね多分

就職してからしにたくない

チーム開発慣れてない

バイト先の開発体制がgitを使わずに男らしくあれしてあれする感じなので、git使ってなかった
やったことあるのはmasterからpullしてconflict解除してmasterにpushしてっていう感じだった

branch, pull reqest, issueとか機能として知っていて、実際にやったことはなかった
とりあえずやってみたいと思った

どんな人がやるといいか

・gitなんとなく使ったことあるけどbranch切ったことないとかpullreq投げたことないとかいう人
・下記の内容は現場で使えるレベルではないと思うので、触りだけやってみたい人

題名が悲しい

はい

gitの基礎知識ない人向け

www.backlog.jp
ブランチの概念とかはここで何となく把握した

localでbranchを切る

ローカルとリモートはinitしてあって、master同士でpullとかpush出来る状態からスタート

git branch [branch_name]
git checkout [branch_name]

[branch_name]は好きにブランチに名前付けてあげていい

checkoutっていう表現があんまりしっくり来ないけど、
今のブランチからcheckoutして[branch_name]に自分が移動する」イメージでいいと思う

git add .
git status
git commit -m "hogehoge"

この時点ではlocalしか弄ってないのでgithub上の動きはない

branchをremoteにpushする

git checkout master
git push origin [branch_name]

masterブランチに移動して、remoteに[branch_name]をpushする
「このブランチ、受け取ってください!!!」っていうイメージ

originを他のブランチの名前とかにすると、ブランチにブランチをmerge出来るんかな…?

githubにアクセスして諸々する

f:id:b_kaxa:20150322222925p:plain
そうするとgithubレポジトリにこんな感じでブランチ名書いてあるのDOMが出来ているので、
「compare & pull request」をクリックする

f:id:b_kaxa:20150322223145p:plain
pull requestを作成する

コメント欄にマークダウン式でコメントを書く

今回は自分自身にreqするので適当でいいと思ったが、
何を意図してpullreqを投げるのとかのコメントを書くと、pullreqを投げる相手に丁寧らしい
この辺はpullreqのことをもっと詳しく書いてある記事とかをググる方がいい

最後に「create pull request」をクリック

mergeする

f:id:b_kaxa:20150322223703p:plain
pull requestが来ているのでクリック

f:id:b_kaxa:20150322223740p:plain
こんなDOMが出来ているので「merge pull request」をクリックするとmergeされる
その際にもコメントを書くことが出来る

確認する

f:id:b_kaxa:20150322223903p:plain
[Graphs]->[Network]から様子が確認出来る
確かにbranchが切られ、mergeされている

localのbranchを削除する

pull requestを投げた後でもlocalのブランチは残っている

localのbranchは

git branch

で確認出来る

削除は

git branch -d [branch_name]

で、出来るが、たまに

error: The branch 'capter3.1' is not fully merged.
If you are sure you want to delete it, run 'git branch -D capter3.1'.

というエラーが出る

これはmasterブランチにいる状態で

git pull
git branch -d [branch_name]

で解決出来る

もしくはローカルのブランチをローカルのmasterにmergeすれば解決するのかな…?

本当に触りだけ

という感じなんだけど、慣れる為という意味合いなので最低限のことしか書いていない
書籍買ってきてちゃんと勉強する必要はある

まあだけど慣れるという意味で、しばらくはこれを使いまくって開発していく所存

広告を非表示にする