読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

大学生がグループワークを上手くやるためのコツ

最近グループワークをよくやるので、経験則からの覚え書きを残す

1.同じプラットフォームで作業する

例えばgoogle docs

●メリット
・全員が共通のドキュメントを参照するので、齟齬が是正されやすい
・ソフトなどのトラブルが減る
・いつ誰が修正、追加、削除してもそれらがリアルタイムに反映される
・議事録などを共同で取る事が出来る
▲デメリット
・スキルに差があると困る

それを一緒にするために

2.顔をあわせてMTGする

そこで使い方を逐一共有すればいい

3.毎週何曜日何時からなど、MTGをタスク化する

毎週のスケジュールに組み込まれているグループワークは上手くいく確率が高い
授業で毎週会う、五日間連続で会う等、タスク化しているものの方がいい

それでも忙しくて予定を変則的にせざる得ないときがある
そういうときは

4.MTGの終わりに必ず次回の予定を決める

当たり前にやれれば良い
ただ、これは半年などの長期プロジェクトでは頓挫する時もある
そもそも五ヶ月後の予定なんてわからない、よって

5.出来る限り短期間で終わらせる

また、

6.グループ内のスキル、バックグラウンド、年齢が近い

というのも一つの要素だと思う
ここに差異があると、本題に入る前にいざこざが生まれる可能性もある

7.オンライン上で連絡の取れる時間の共有

これはあまり顔をあわせてMTGできないケース

以上を出来るだけ取り入れれば何となくは上手くいく
気がした

特に根拠はないけど、覚え書きという事で

広告を非表示にする