さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

旅をするということ

小学校の卒業文集的なもの(40文字くらいで将来の夢を書く)っていうのに

「どこにでも旅が出来る自由な旅人になりたい」

と、書いたことを今でも覚えている

 

この頃、他には100歳まで生きることとキャンピングカーで日本全国を旅することを

何となく夢として持っていた

 

中学校の頃は中学校の先生に

高校の頃は高校の先生になりたいなぁと漠然と思っていた

周りの環境に影響されやすいのは昔からだったのかもしれない

 

そしてインターネットで色んな意味で旅をしていた

僕が住んでいた名古屋という土地では考えられないことを一杯知った

 

二年前くらい自分にとって大きな旅をした

受験を経て関東にやってきた

出会うもの、出会う者、出会う場所、出会う景色

全てが新鮮で、新しくて、感動して、影響を受けたと思う

 

 

 

関東にきてすごく印象に残った人たちがいる

 

一人目は真面目な人だった

聞けば何でも答えてくれて、俺もこうなりたいなぁってなんとなく思った

一年後立場としては実現できた

聞けば答えてくれるアシスタントになれているのだろうか

 

二人目は鋭い人だった

情報を集めるということ、考えるということ、

自分の論を組み立てるということ、発表するということ

全てが自分にないものを持っていた

あの五日間は本当によかった

 

三人目は自分に似た人だった

 

四人目は自由な人だった

高校を中退して、今は農家の人と関わって仕事をしている

たまに見るfbでの写真はとても幸せそうで健康そうだ

 

五人目六人目は徹底的に酒を飲むということを教えてくれた人たち

本当に大学生だった、楽しかった

今年卒業してしまうのは悲しいし寂しい

 

七人目は熱い人

何度も何度も揺さぶりをかけられた

人を動かす力っていうものをめちゃめちゃ持っている人

 

八人目は旅に出てしまった人だった

あの面談は自分にとってとても勇気づけられた

(この人のブログをふらっと読んで、この記事を書こうと思ったw)

 

他にも大勢の人と出会って、何かしらの影響を受けた

この二年間、旅をしていた気がする

 

 

星占いのサイトで、僕は今年の後半旅に出るらしい

旅を経てたくさんのことを学んで「かたるべきこと」を紡ぐらしい

 

小学校の頃の夢、このブログのタイトル、星占い

偶然だけど一貫して旅がテーマになっていて面白い

 

 

 

旅をするということ

人と出会うということ

 

関東に来てよかったと思う

何度も何度もそう思う

広告を非表示にする