読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

いんたーねっと

インターネットは夢みたいなものを映し出す素晴らしい世界だった。

だけどその世界も僕が成長するにつれ変容していった。

汚い大人たちの汚い心が反映される場所になってた。

主に金だった。

 

生きるためにお金は必要だ。

だけどインターネットとお金は切り離されていてほしかった。

インターネットが次世代の文化のベースになると信じていたから。

インターネットは夢だった。

 

感動をお金で生んでいていいのかなと思う。

夢とか希望とか感動とかにお金が関わっていていいのかなと思う。

その辺は僕は知らなくていい世界なんだと思う。

だから政治経済に興味がない。とてもつじつまがあう。

 

インターネットで世界を変えようなんて思わなくていい。

インターネットでお金を儲けようとか思わなくていい。

みんなが何か作って、みんなで何かを消費して楽しめばいい。

誰も不幸にならない。誰もが幸せだ。

 

文化を生み出す人は何を考えているのだろうか。

その辺は気になる。

お金の為ではないとは思う。

 

難しい。

広告を非表示にする