読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

濃かった。本当に色々濃かった。

他人と比較するときりがないので、自己満ではあるが。

 

twitter上では音ゲーサークルに属している、で通っているのだが、

実は他に3つサークルに入っていて

そのうち2つはある程度の役職に就いていたりする。

(もう1つの運動系サークルは7月以降下火になってしまった。)

 

その関係で、色々な人と知り合い、色々な経験をした。

 

一方で、テンプレ的な体験は割と嫌悪感を抱いて、避けた夏だった。

遊園地然り、合宿然り、大勢の飲み然り、ディズニー然り。

まあディズニーは過去にトラウマを抱えたので一生行かないが。

 

facebookも350を超えた。

自分は他人の名前や個人情報を覚えるのが得意なので、

大体は覚えている。本当に持っていてよかったと思えるスキル。

 

そして色々な経験をするための時間を、両親は授けてくれた。

「お年玉は半額貯金しなさい制度」。

23万円。大学生にとっても大金。本当に助かった。

陰ながら両親に感謝したいと思う。

バイトはここまでしなかった。

 

夏季集中授業というものも4つほど取っていた。

前期のコマ数を減らすためである。

 

知識のつめこみではなく、解釈力・協力のスキル・プレゼン力・口。

様々なものが試される授業に出会うことが出来た。非常に良い経験をした。

 

一年生の夏。終わってしまった。

得たものは多かった。気がする。他人と比較してはいけない。

 

自己満でいいのだ。

他人と比較するから、自分の心に不幸が生まれるのだ。

「君のそんな経験は僕にとってはゴミだよ」と言われても、

気にしたら負けなのだ。

 

「短いスパンで物事を見ちゃうと、広く浅くだなって思うだろうけど、もっとゆったり見たら変わってくるんじゃないかなー。」

 

僕がネットで出会った人に、Skypeで伝えてもらった言葉。

これを大事にして生きたい。

広告を非表示にする