さよならとりっぷ

しがないWebエンジニアの雑記とポエム

タイミングの悪さは変えれないけど、月が綺麗だったからどうでもよくなってしまった

ーーー

ただなんとなく生きていたほうがいい気がする

広告を非表示にする

エンジニアとして新卒の一年間を過ごして

  • このテーマは時系列ではなくて、思ったことをつらつら書いていきます
  • この文章は所属に関係なく、一個人として思ったことを書いています

周りにお手本のようなエンジニアが多くいることの良し悪し

  • 本当にすごい人が多い
    • 毎日すごい人のコードが読めるので、スキル成長速度は速いと思う
  • 目線が上がる
    • その人たちにとっての当たり前のレベルを常に要求されるので、自分が吐き出すレベルも上がっているはず
  • 一方、すごい人が多いので、自分がどのように自分らしさを発揮していくか、悩ましい
    • 自分としては多分今は充電期間で、数年経ったら自分らしさが出せるようになるのかなとも思う
    • これは余談だが同期に@b4b4r07というすごい新卒がいるので、余計悩ましい
  • 自分がある分野の最先端を追い続ける自信がなくなる
    • 諦めてる時点でおかしい
      • 得た時点で情報シェアなどをすることが、あるべき姿ではある
    • ちょっとこの点については、来年からは改善したい

業務ドメインは極力減らす

  • 「そのコードを拡張するにあたってその会社でしか必要がない情報」というのは極力減らしたほうがいいというお話
    • もちろん仕様的な面で避けられない部分は出て来るが、そんなもの無い方がいい
  • 例えば、「歴史的経緯」などは本当に糞だと思うので、それを生み出さないように努力する
  • 努力はしているが、どうしても生み出さなければならない状況もあり、苦しい
  • 出来るだけ言語仕様に則った、正しい書き方や抽象的な書き方を続けて、罠などは取り除いていくべき
    • 常に正しい姿であろうとする

コードは生き物

  • 例えば犬を飼っていて毛が伸びてきたら切ってあげるように、ソースコードも生き物なので手入れが必要
  • 「不要になった部分は消す」ということを繰り返さなければ、最終的にフルスクラッチで改修などの話が出てきてしまう
  • 価値を迅速に届けたいなら極力フルスクラッチ改修などは避けるべきだし、話題に上がるべきでもない
    • そもそも、ユーザーもしくはお客様にとって、プロダクトが何の言語でかかれていようとも全く関係ない話
    • 技術者として思考が暴走すると、これを忘れがちになる気がしている
    • でも、限界はあるのかなとも…まだ日が浅いのでこの辺りは想像し難い

自分で自分に壁を作らない

  • サーバーサイドエンジニアだからclientのコード読めないとか思い込まない
    • というか、周りの人のレベルが高くてコードが綺麗なのでなんとなく読めてしまう
      • もちろんググりつつ読むときもある
    • 自分で情報を取りに行くことができれば、コミュニケーションコストは下がり、作業としての時間が残される
  • 器用貧乏でもいい
    • 「俺はまだ若いんだから何にでも手を出していけばいい」「手を出した結果、自分が向いていると思ったことをやればよい」
    • これは自分で自分に壁を早い段階で作らないおまじないのようなもの

ライブラリを書いたらなんとなくその辺りに詳しくなれる

  • PDO wrapper
  • LINE bot用のclient
  • LINE bot用のものはまた種類が違うが、PDO wrapperについては作っている間にPDOについて詳しくなれた
    • 出来の良し悪しは考えないことにしておく
  • 多分もっと色々書いたら、色々と詳しくなっていける気がする

自分の得手不得手を見極めて来年は改善する

  • 0から1が苦手
    • 白いキャンバスが目の前にあって「自由に作っていいよ」と言われると、途端に手が遅くなる
    • 単純にこれは、自分が読んできたコード量・書いてきたコード量・設計を考える機会の量が少ない、ということの証拠
    • そういう機会を会社内で勝ち取っていくのもそうだし、自分個人のプロダクトとしてもやっていかなければならない
  • 技術的用語で説明するのが苦手
    • 今書いているようなエモい文章は得意なのだが、技術用語を織り交ぜた説明が下手
    • dietcubeの使い方を軽く解説する、などは書いてみたが、何か読みにくいような…
    • これも結局試行錯誤しながら書く量が足りてないので、積極的にやっていく
  • 空気を読むのが得意?
    • そのコード群の雰囲気というか、体裁というか、そういうのを自分が書いたコードによって壊したくない
    • とりあえずまずは既存のコードをよく読む、ということが習慣化されている気がする

貴重な経験がたくさんできた/受けさせてもらえた

  • 新卒研修、CS研修、SRE研修、海外出張、LT、PHPカンファレンス関西参加、android/iosのコード書く、その他諸々…
    • 充実した一年だった
  • 一方で、自分に足りていない部分も上述のようにたくさんあるので、来年度からも泥臭くやっていきたい
広告を非表示にする

エンジニアとして新卒で入社するまでの軌跡

大学三年 夏

  • 春から始めた長期インターンで比較的大きな案件を担当し、その案件が6月あたりに終了し、上手いこといって正直いい気になっていた
  • その謎の自信とともに、なんとなく名前で惹かれていた某社の短期インターンに参加するのだった
    • その頃の自分のスキルレベルはこれと言ってお粗末なものであり、今思うと何故その短期インターンに通ったのかもわからない
  • その短期インターンではとにかく尖ってる人たちが集まり、自分とのスキルレベルの違いを見せつけられた
  • さらに、チームではやたらjsが書けるメンバーにおんぶにだっこ状態で、何も出来ない自分がそこにいて、相当な危機感を覚えた
  • インターン後、「もしこのままエンジニアとして働いていくのなら、覚悟もスキルも足りないな」と何となく思っていたと思う
    • それは2016年のテーマを「覚悟」としたことにも関係している
  • また、余談だがこの短期インターンで有名なエンジニアさんと昼食を共にするのだが、この人と2年後に再会するという謎イベントも発生した
    • この人と顔を合わせるたびに、自分の原点のようなこの短期インターンを思い出し、身が引き締まる

大学三年 秋

  • 「とにかくやべぇ!」と感じたため、長期インターン以外でも何か自分で作ろうともがき始めたのが大学三年生の秋頃
  • node.jsのexpressを触ったり、railsを触ったり、手当たり次第にアプリケーション層の何かをしていた
  • 一方で短期インターンに参加した企業の選考も進んでいたが、実力不足なために普通に面接で落とされた
    • あまりに受け答えがしどろもどろなので、面接中に「これは落ちたな」と思いながら面接していた

大学三年 冬

  • 大学でpythonの授業があり、最終課題を経てpython_piという謎プロダクトが誕生した
    • こいつをもう少し発展させ、herokuへdeployしていた
  • この頃はニクリーチとサポーターズでどんな企業があるのか情報収集していた
  • その2つのメディアのつてで新たに某社の短期インターンに参加し、「過去最高レベルの出来だった」とのお言葉を貰えるほどの成果物を提出した
    • PHPのアプリケーションベースがあり、仕様に基づいて新機能を追加する、という課題だった
    • この企業からは無事内定をいただくことが出来た
  • その一方で、「絶対に落ちるだろうな」と思いながら、現在働いている会社に上述のpython_piを制作物として提出していた

大学四年 春

  • 現在働いている会社から連絡が来て、説明会に参加することになる
    • この説明会で、本気で心の底からこの会社で働きたいと感じた
    • 自宅に着いてからすぐに「面接でこれを聞かれたらこれを答える」みたいなものを熱心にリストアップし始めた
  • この熱心な対策もどきのおかげなのか、運が良かったのか、何故か通過した
    • 何故通過したのか、二年近くたった今でもわかっていない
  • すぐにインターンとして働き始める

大学四年 夏〜秋

  • たまたまWebの小さい案件を担当する人が少なかったこともあり、Web周りの案件を多くこなすようになる
  • それが終わると、APIの案件に回るのだが、当時の自分にとって、今まで見てきたアプリケーションと比べソースコード群がが巨大すぎて、ほとんど何もわからない状態だった
    • 今思うと、本当に全然何もわからなかった
    • とても惨めな思いを感じながら、インターンに通っていた
  • あまりに何も出来ないため、インターンをやめようか、内定辞退しようか、と思っていた時期もあった
    • 人事に悩みを聞いてもらっていた

大学四年 冬

  • 年明けからWebチームへ
    • APIに比べたら比較的小さいアプリケーションで、なんとかついていけた
    • もちろん挫折もあったが、無事に乗り越え、少しずつ自信を持ち始めた頃
  • 無事にその企業に新卒として入社することになった

入社までのまとめ

  • 劣等感が自分の原動力になっているのかもしれない
    • 大学三年の夏から、首の皮一枚をつなげ続けて、今の会社で働いている感覚がある
    • それは技術スキル的にギリギリわかる、というところに突っ込んでいって、そこで頑張って、スキルを得ている、みたいな
  • 単なる負けず嫌いとも言える
    • 人と比較している時点で純粋的な技術者としての資格はないですね、はい…
  • ただ、負けず嫌いによって自分のスキルが伸びているという見方もあるので、それはそれでいいのかなとも
  • エンジニアとして新卒の一年間を過ごして、に続きます
広告を非表示にする

料理を始めます

健康について

  • 明らかに自分の身体に対して配慮ができなかった一年だった
  • ちょっと変だなと感じることが学生時代に比べて増えた

料理を始めてみようと思った

  • 料理やらないとダメだなーって思うことが3つくらいあったりした
  • 帰ってきていいタイミングなので始めようと思った
  • とりあえず料理本とIHクッキングヒーターを買った

三日坊主でも良い

  • とりあえず始めることが大事
広告を非表示にする

大学卒業したけど帝京大学に入り直そうか迷っている

自分用の思考整理の書き残し

先に書いておくと会社をやめるて入学するとかそういうものではない

具体的に何学部なのか

帝京大学理工学部情報科学科通信教育課程

通信なので働きながらでも学士が取れる、しかも工学。 通信制で工学の学士が取れるのは国内でここだけなので、入り直すならここしか無いと思っている。

何故そんなことを考え始めたのか

この一年近く、新卒として働いてきて、やっぱり学問としてコンピュータサイエンスを学んできた人たちとの壁を感じるから。

これは、自分が気にしなければ誰も気にしない事なのだろうけど、 自分としてはこの感覚は今後ずっと残り続けそうな予感がしていて、 調べている内に自分に似た感じで37歳から大学生になった人、というか有名なエンジニアさんもいた。

自学できないのか

出来なくもないけど、苦しい、というのが正直な感想。

諸々書籍は買うけど、自分の趣味嗜好興味に寄っていたり、働く上で必要な要点がまとまっているものを買うことが多い。 大学に入ることで自分の趣味嗜好興味以外の部分を学ばざる得ない環境を作れるというのは、結構大きいのではないかと思う。

あと、今後自分がずっとエンジニアとして働いていくなら、今まで小手先で覚えてきた技術だけじゃなくて、 基礎体力みたいな部分も必要になってくるなと思っていて、それを大学で学びたいというのもある。

golangを触っててもhaskellを触ってても、何故かWebアプリケーションに行き着いてしまうんです。 それは多分自分が昔からインターネットで過ごしてきたから。

カリキュラムを見る限り、この辺の悩みは解決されそうな期待もある

いいところ・わるいところ

適当に挙げてみる

いいところ

  • 学費が安い
    • 初年度約20万、各年度約15万
    • 十分払えるし、私立通信理系、工学の学士が取れるっていう要素考えても、と思うと安い
  • 二・三年次編入出来る可能性がある
    • 卒業した大学で取得した科目の半分くらいがコンピュータサイエンスに絡んでいる
    • もし三年次編入できたら最短二年で工学の学士が取れる
  • 工学の学士が取れる
    • 自分が今持っているのは人間科学という非常にfuzzyな学士
    • 上にリンク貼った記事の方も記事に書いていたが、将来海外などで働く可能性が潰れる一つの要因となり得る
  • 理系の大学院に進学できる可能性が生まれる
    • まあ思いついたから書いてみているだけで実際には卒業してから考えればいいと思う
  • ふわっとした学びじゃなくなる
    • 結構ガッチリしたレポートの提出やテストも各科目にあるっぽいので、書籍読んで終わり・コード書いて終わり・調べて終わり、みたいなふわっとした学習を避けることが出来る

わるいところ

  • 学習が自分次第
    • 入学したはいいが、実際に学習していけるかどうかは自分次第
    • ノリでこんな記事を書いているが基本的にずぼらなのでどうなるかわからない
  • スクーリングという制度によって年間何日間か対面授業を受けなければならない
    • 年間の個人的なスケジュールに色々と制約が出てくる

最後に

Developerって基本的にPCとインターネットがあれば、調べて実装して納品する、みたいなサイクルで仕事ができてしまうと思っている。

だけど、より良いものを作る、とか、設計を考えるとか、技術的に尖ったことをするとか、 そういうのの基礎体力的なものはインターネットに転がっていないような気がしている。

だからそれを大学に求めに行くのはなんとなく正解だとと思うし、 今大学に行って10年後とかにじわじわ効いてくる可能性もあると思っている。 若い頃は買ってでも苦労をしろ、的な。

どっちにしろ、この迷いに結論を出せそうな状況でもないので、もしかしたら来年度からの入学は難しいかもしれない。 まあ、一旦整理ということで書いた。

広告を非表示にする